夜勤

介護職に一番足りないもの、それは「給料」です。

旦那は介護職に一番足りないものは「お金」だといいます。
施設に便利な装備品なんかもそうですが、一番は「給料の低さ」のことをあげています。

給料
それはもちろん介護士でなくとも高い給料が欲しいのは当たり前のことですが、だけど介護士の場合やってる仕事の割りに低すぎると施設の中の人も含めて私の周りの人全部が言っています。
だって、給料だけでは生活が出来ないほどの安さなんですから。

世間では知られているかどうかわかりませんが、介護士の給料って恐ろしく低いんです。
どれくらい安いかというと、この世界は夜勤なしで、16万円くらいで、18万円あればかなりいい給料です。正社員で20万円以下が当たり前です。
しかも、毎年の賃上げは500円か、良くて1000円ほどです。
独身の一人暮らしでもかなり苦しいこの給料で、もし結婚してやっていくなど到底無理です。
子供が出来れば尚苦しくなるのに、これでは暮らしていけません。

私たち夫婦がこんな低所得で暮らしていけるのは、家のローンは終わっていて、子供たちももうすでに就職していて学費が要らない状態だったからです。
こんな理由で介護士の職を離れる人は沢山います。
確かに仕事内容や職場の環境や人間関係が理由でやめる人も多いのですが、一番の理由はこの給料の低さなんです。
では、結婚して子供もいる介護士の男性はどうやって暮らしているかというと、夜勤をやっています。
夜勤手当が一晩で7000円それをやって21万か22万にして食いつなぐようにして生活しているんです。

夜勤
昼間働いて夜も働いて次の日の休みは一日中寝て休暇が終わる、そんな人が介護の現場には山ほどいます。
こんな仕事につきたいと思う人が増えるわけないのです。