デイサービス

ヘルパー2級の資格取得と施設現場での実習、私の体験談

旦那が介護士になったのは、私が一時ヘルパーをやっていた影響が大きいと思います。
私の場合、訪問介護のみで施設で働いた経験はなしですが、ヘルパーの仕事をするためヘルパー2級の資格取得に行き、そこで施設現場に実習にも行きました。

デイサービス
食事を配り、食事を食べさせたり着替えを手伝ったり、見守りやお風呂のあとのドライヤーや足洗いや洗濯物を分ける、二日間でしたがこまごまとした仕事をして結構忙しかったです。
しかも、一度建物の中に入れば利用者さんが脱走しないように鍵をかけてしまうので、働く人も外には出られず、元気のない人ばかりがいる館内は鬱屈した雰囲気だったので、かなり私には疲れました。
けど最後の日はデイサービスに来た人たちのお世話で、これは楽しかったです。
血圧を測ったりお茶の配膳や食事を持っていってあげて、お風呂上りに髪をといてあげたり、話し相手になる、やはり自宅で生活している人はしっかりした人が多いので話もしやすくて元気です。
施設での実習が終わると本職のヘルパーさんと同行して利用者さん宅に行き、掃除や買い物のお手伝いをします。

デイサービス
これも、他人の家に上がりこんでの仕事なのでかなり緊張しましたが、ヘルパーさんに聞きながら自分に言いつけられた仕事をこなし何とか実習を終えたのを覚えています。
資格をもらって施設で働くか自宅訪問にするか考えたところ、実際にやってみて、施設での仕事は私には向かないと感じ、訪問介護を選びヘルパーの仕事についたわけです。
それも昔の話になってしまいましたが……。